シャチハタと認印

Pocket

認印と聞いて「シャチハタ」を思い浮かべる人もいらっしゃるでしょう。認印とはどういった印鑑なのでしょうか。

書類にハンコ認印とは実印として印鑑登録していない印鑑のことを言いますが、実印は一人1本しか印鑑登録することができませんので、実印以外はすべて認印とも言えます。認印は、宅配物や書留の受け取り、書類に確認や承認の証として日常的に使われますし、契約書や役所関係で提出する書類などにも使われる大切な印鑑です。

認印といえば、シャチハタだと思われている人も多いですが、「認印」のジャンルに当てはまるはんこの一種です。シャチハタは、本体にインクが入っていて、朱肉なしでも捺印できる浸透印のことで、朱肉を用意する必要がないので、いつでも使うことができ便利な印鑑ですが、重要な場面ではほとんど利用できません。郵便物の受け取りや回覧の確認印など、手書きのサインでもよい場面には、シャチハタを認印として使うのは大変便利です。しかし、シャチハタのインクは、朱肉よりも消えやすく、印面が柔らかいので力加減によって印影が変わってしまうことから、長期保管する必要のある書類や公的な書類など重要な書類の認印には、「シャチハタ不可」となっていることがほとんどです。ちなみに、よく勘違いされているのですが、「シャチハタ」という名前は、製造しているメーカーの名前で、印鑑そのものの名前ではありません。