認印はどんな印鑑?

Pocket

シャチハタ認印は、印鑑登録されていない印鑑で、署名代わりに使用する印鑑のことをいいます。普段から宅配便の受け取りや、簡単な契約書に使うことが多く、馴染みのある印鑑ですが、シャチハタは認印ではないのでしょうか?

認印は、承認したり内容を確認しましたという意思表示の証拠でもありますから、大切な印鑑です。シャチハタは、印鑑の内部にインクが入っていて、朱肉を付けずにポンと押すだけで簡単に押印できます。荷物の受け取りなどシャチハタを使用することが多く、認印はシャチハタであると認識されている人も多いようですが、シャチハタは、認印の種類の一つであるだけで、認印がシャチハタであるということではありません。契約書など書類は、認印としてシャチハタの押印を認めていないものが多いので、注意が必要です。

認印の選び方ですが、実印と比べても使用頻度が多いですから、なるべく強度が強く、欠けたりしないような印材の印鑑を選ぶようにしましょう。100円ショップや文房具屋も安く印鑑を購入することもできますが、安価な印鑑は、強度が弱く、傷がつきやすい印材のものが多いので、あまりおすすめできません。それでもあまり印鑑にお金をかけたくないという人には、印鑑通販サイトがおすすめです。印鑑通販サイトでは、高品質で手仕上げされた印鑑などを低価格で購入することもできます。このサイトでは、認印とはどういったものなのか、また認印の選び方についてご紹介します。せひ参考にしてください。