認印の選び方

Pocket

職場の書類や荷物の受け取りなど日常的に使うことが多い認印ですが、認印はどういった印鑑を選べばよいのでしょうか。

不動産の取引など非常に重要な書類を作る時に使用することが多い実印と比べて認印は、そこまで重要度が低い書類に使用します。しかし、認印は、「内容に同意し承知しました」という意思表示の証拠ともいえますから、認印は大切な印鑑です。

パソコン認印は、楷書体や行書体など親しみやすく誰にでも読みやすいフォントのものを選ぶのがおすすめです。あくまでも意思表示を表す印鑑ですから、誰のものかが一目でわかるものがよいです。認印のサイズは、直径が10.5mmであるのが一般的です。法的に規定されていませんが、実印や銀行印と間違えないように小さめのサイズを選ぶことが多いようです。しかし、あまり大きすぎると書類の確認欄からはみ出してしまうこともありますから、15mmを超える印鑑はあまりおすすめできません。

認印の購入方法ですが、100円ショップや文房具屋で安価な印鑑を購入してもいいのですが、安価な印鑑は、アクリルを使用したものが多く強度が弱いため、傷がつきやすく、すぐに欠けたりします。会社で使うものや、契約等の大事な場面で使うときは、しっかりした印鑑を選ぶ方がよいですから、街の印鑑屋さんなどで購入するのが安心です。しかし、最近はわざわざ店舗に行く必要のない印鑑通販サイトを利用する人が増えてきています。印鑑通販サイトは、低価格で高品質で強度の高い材質の印鑑や、手仕上げされた印鑑がたくさん用意されています。また、なかなか市販では販売されていない珍しい苗字も取り扱いがありますので、印鑑通販サイトがぜひおすすめです!

シャチハタと認印

Pocket

認印と聞いて「シャチハタ」を思い浮かべる人もいらっしゃるでしょう。認印とはどういった印鑑なのでしょうか。

書類にハンコ認印とは実印として印鑑登録していない印鑑のことを言いますが、実印は一人1本しか印鑑登録することができませんので、実印以外はすべて認印とも言えます。認印は、宅配物や書留の受け取り、書類に確認や承認の証として日常的に使われますし、契約書や役所関係で提出する書類などにも使われる大切な印鑑です。

認印といえば、シャチハタだと思われている人も多いですが、「認印」のジャンルに当てはまるはんこの一種です。シャチハタは、本体にインクが入っていて、朱肉なしでも捺印できる浸透印のことで、朱肉を用意する必要がないので、いつでも使うことができ便利な印鑑ですが、重要な場面ではほとんど利用できません。郵便物の受け取りや回覧の確認印など、手書きのサインでもよい場面には、シャチハタを認印として使うのは大変便利です。しかし、シャチハタのインクは、朱肉よりも消えやすく、印面が柔らかいので力加減によって印影が変わってしまうことから、長期保管する必要のある書類や公的な書類など重要な書類の認印には、「シャチハタ不可」となっていることがほとんどです。ちなみに、よく勘違いされているのですが、「シャチハタ」という名前は、製造しているメーカーの名前で、印鑑そのものの名前ではありません。

認印はどんな印鑑?

Pocket

シャチハタ認印は、印鑑登録されていない印鑑で、署名代わりに使用する印鑑のことをいいます。普段から宅配便の受け取りや、簡単な契約書に使うことが多く、馴染みのある印鑑ですが、シャチハタは認印ではないのでしょうか?

認印は、承認したり内容を確認しましたという意思表示の証拠でもありますから、大切な印鑑です。シャチハタは、印鑑の内部にインクが入っていて、朱肉を付けずにポンと押すだけで簡単に押印できます。荷物の受け取りなどシャチハタを使用することが多く、認印はシャチハタであると認識されている人も多いようですが、シャチハタは、認印の種類の一つであるだけで、認印がシャチハタであるということではありません。契約書など書類は、認印としてシャチハタの押印を認めていないものが多いので、注意が必要です。

認印の選び方ですが、実印と比べても使用頻度が多いですから、なるべく強度が強く、欠けたりしないような印材の印鑑を選ぶようにしましょう。100円ショップや文房具屋も安く印鑑を購入することもできますが、安価な印鑑は、強度が弱く、傷がつきやすい印材のものが多いので、あまりおすすめできません。それでもあまり印鑑にお金をかけたくないという人には、印鑑通販サイトがおすすめです。印鑑通販サイトでは、高品質で手仕上げされた印鑑などを低価格で購入することもできます。このサイトでは、認印とはどういったものなのか、また認印の選び方についてご紹介します。せひ参考にしてください。