認印の選び方

Pocket

職場の書類や荷物の受け取りなど日常的に使うことが多い認印ですが、認印はどういった印鑑を選べばよいのでしょうか。

不動産の取引など非常に重要な書類を作る時に使用することが多い実印と比べて認印は、そこまで重要度が低い書類に使用します。しかし、認印は、「内容に同意し承知しました」という意思表示の証拠ともいえますから、認印は大切な印鑑です。

パソコン認印は、楷書体や行書体など親しみやすく誰にでも読みやすいフォントのものを選ぶのがおすすめです。あくまでも意思表示を表す印鑑ですから、誰のものかが一目でわかるものがよいです。認印のサイズは、直径が10.5mmであるのが一般的です。法的に規定されていませんが、実印や銀行印と間違えないように小さめのサイズを選ぶことが多いようです。しかし、あまり大きすぎると書類の確認欄からはみ出してしまうこともありますから、15mmを超える印鑑はあまりおすすめできません。

認印の購入方法ですが、100円ショップや文房具屋で安価な印鑑を購入してもいいのですが、安価な印鑑は、アクリルを使用したものが多く強度が弱いため、傷がつきやすく、すぐに欠けたりします。会社で使うものや、契約等の大事な場面で使うときは、しっかりした印鑑を選ぶ方がよいですから、街の印鑑屋さんなどで購入するのが安心です。しかし、最近はわざわざ店舗に行く必要のない印鑑通販サイトを利用する人が増えてきています。印鑑通販サイトは、低価格で高品質で強度の高い材質の印鑑や、手仕上げされた印鑑がたくさん用意されています。また、なかなか市販では販売されていない珍しい苗字も取り扱いがありますので、印鑑通販サイトがぜひおすすめです!